ニキビケア

クレーター肌のおすすめセルフケア

こんにちは。

ニキビ・ニキビ跡専門

“本気”のハーブピーリング アロンジェです。

私どもアロンジェの元には、肌悩みの声が毎日のように届きますが

その中でも多いのは、クレーター肌のお悩みです。

クレーター肌に悩んでいる、という方より「おすすめのセルフケアはありませんか?」というご質問をいただきましたので

今回は、クレーター肌改善のためのセルフケア方法についてお伝えしたいきます。

クレーター肌のセルフケアは危険!?その理由とは

クレーター肌のセルフケアというと、市販のピーリング剤や、市販のダーマペンを用いたケアなどが一番知られていることではないかと思います。

また、ビタミンC誘導体やプラセンタエキスなどの成分を配合したスキンケア製品でケアをしているという方もいらっしゃいますね。

しかしクレーター肌は、間違った知識の下でセルフケアをしてしまうと、改善どころか悪化してしまうリスクがとっても高いです。

実際に、サロンにご相談下さったお客様の中にも、「市販のダーマペンでセルフケアをしている」という方もいらっしゃいましたが

そのようなお客様の肌を確認してみると、表皮(皮膚の一番外側の層)が硬くなってしまい、クレーター肌の改善が困難な状態になっているケースがほとんど。

また、市販のピーリング剤でケアをするにしても、ピーリングのやりすぎ、ピーリング剤の濃度が高すぎるといった理由から肌を薄くしてしまい、バリア機能が働かない状態になっているケースも。

そしてその結果、ニキビが治らなくなり、赤みにより余計にクレーターの凹凸が目立つ肌になってしまうことも本当によく見受けられます。

こんな風に、自己判断で間違ったアプローチをしてしまうことが、クレーター部分の肌を過剰に刺激し、悪化させてしまうという事例をたくさんみてきました。

そうならないためには、やはり体の内部から地道なケアを行っていくことが何よりも大切です。

知っておきたい、クレーター肌に悩む方の共通点

『クレーター肌で悩んでいる』

『一度ニキビができると、ニキビ跡が消えるのに時間がかかる』

『同じ場所に繰り返しニキビができる』

こんな特徴のある方には、共通点があります。

クレーター肌のセルフケア方法をご紹介する前に、まずはクレーター肌に悩む方の共通点について知っておいてください。

というのは、これからご紹介するクレーター肌に悩む方の共通点の中に、改善のヒントが隠されているからです。

  • 血行不良による冷え性
  • 体温が低い
  • 鉄分不足

あなたはいかがでしょうか?

この症状に心当たりはありませんか?

ニキビ跡やクレーター肌を改善するには?具体的なセルフケアをご紹介

上記では、ニキビで悩む方の共通点についてご紹介しました。

それでは、共通点がクレーター状のニキビ跡とどう関係しているのか、どうすればセルフケアでクレーター肌の改善を目指せるのかについてご紹介していきましょう。

ニキビ跡やクレーター肌の改善はインナーケアが大切

まず肌細胞はどう育つのか?をシンプルに考えると

・食事で摂取した栄養が、腸で吸収され、血液となって肌細胞へ流れ、代謝されていく

ということになります。

なので、この過程で不具合が重なれば、ニキビはできやすくなり、できたニキビは治りにくく。。

よってニキビがニキビ跡になりやすいわけです。

にも関わらず、体の色々な問題を放置したまま、外側からのケアだけでどうにかしようと考える方って結構多いです。

肌は臓器であるという基本に立ち戻りましょう。

それでは、ニキビ跡やクレーター肌改善のための、具体的なセルフケア方法について見ていきましょう。

血行不良、冷え

血行不良は、同じ姿勢で長時間過ごすことが多い方や運動不足の方に多く見られますが、体に血行不良が起こると、血中の栄養成分の供給スピードが遅れます。

そしてその結果、栄養成分がなかなか肌に届かず、健康な肌細胞が育ちにくくなってしまいます。

そしてそうならないためには、血行不良の改善が必要不可欠だということです。

体温が低い

サロンでクレーター改善に取り組んでいても、改善に時間がかかる方にありがちなのが、体温が低いということ。(中には平熱が35℃台という方も結構多いです…。)

体温が低いと、先に書いた通り血行も悪くなり、加えて免疫力が下がります。

免疫力の低下はニキビやニキビ跡の改善を妨げる原因にもなりますので、まずは体温を上げて血行不良と免疫力低下を改善する必要があります。

体温が1℃下がると免疫両区が30%も下がるといわれていますので、免疫細胞の健康を保つためにも、体温は36.5℃を目安としてキープしなければなりません。

その対策には以下の方法がありますので、ご自身でぜひ、できることから実践してみてください。

  • 白湯を持ち歩き、1日を通してこまめに飲み続けること
  • 1日1回を目安として入浴し、湯船でしっかりと体を温めること
  • 適度な運動で筋肉の増量・筋力アップを図ること(筋トレがおすすめ!)
  • 毎食温かい汁物を摂ること

昔勤務していたクリニック併設サロンには、女優さんやモデルさんが多かったのですが、素敵なマグを持ち歩いて温かい飲み物を取っているという方は良く見かけました。

キレイな人ってやっぱり冷えケアしています!

鉄分不足

生き物は、絶えず酸素を取り込まなければ死んでしまいますよね。なぜなら、細胞へ酸素が届かなければ、エネルギーを作り出すことができないから。

その酸素を運んでくれるのが血中のヘモグロビンです。

ヘモグロビンが足りない=貧血 この状態にあると、身体は内臓への酸素配給を優先するため、なかなかお肌まで酸素が行き渡らないという状態に陥ります。

すると、肌細胞がうまく代謝されなくなり、ニキビが治りにくい、ニキビ跡がずっと残るといったトラブルにつながるのです。

つまり、食品から鉄分を摂ることが重要だということです。

食品からの鉄分摂取が難しい場合では、サプリメントで鉄分を取るという方法もおすすめです。

クレーター肌改善のセルフケア【まとめ】

今回は、クレーター肌改善のためのセルフケア方法についてお伝えしてきました。

肌のコンディションを改善するためには、ご自身の体をどうケアするのかが何よりも重要です。

そしてこちらのブログ、、読んで終わりではなく、ぜひ一つだけでも何かやってみて下さい。

その行動が未来のあなたの肌を変えてくれます。

肌に自信がつくと、顔に自信が付きます。そうすると女性としての自分に自信がついて、日々がもっとステキになります。

この記事が、行動のきっかけになれたらとっても嬉しいです。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

本気でニキビ・ニキビ跡を治すための無料LINE講座

施術例

おすすめ記事

最近の記事

  1. 大人ニキビ”保湿されている感”では治らない

  2. ハーブピーリングで、ニキビもニキビ跡もここまで!

  3. ハーブピーリング×ニキビワクチンが素晴らしすぎる!

  4. 生活習慣の乱れからくるニキビ

  5. クレーター肌が再生、ハーブピーリングと美容医療どっちがいいの?の疑問を解説

  6. メイクしていない日もクレンジングは必要?専門家が解説

  7. クレーター肌のおすすめセルフケア

  8. 生理の度にニキビが悪化、そしてニキビ跡が消えない…

  9. クレーター肌改善は一発逆転を狙うな!

  10. ニキビを早く治すには?効果的な方法と悪化するNG対処法を解説