ニキビケア

【ぶり返すニキビを治したい】なら油に注意しよう

こんにちは。

ニキビ・ニキビ跡専門
“本気”のハーブピーリング アロンジェ

エステティシャンの小林です。

 

●いつも肌が油っぽい
●揚げ物が好き
●頻繁にコンビニで食べ物を買う

↑こんな方には絶対知っておいてほしい事。

それは

 ” 油 ” 

この記事では、【油の摂り方】について書いています。

ニキビが治らない原因の8割は体の中にある!

” 根本的に肌をキレイにする ”

この実現のために、身体の内側のケア、特に食生活は絶対に外せないもの。

 

いつもお客様みなさまに言いすぎる程言っていますが

今の身体は、これまであなたが食べてきた物で出来上がっています。

肌悩みも然り。

「当たり前でしょ」

と思いましたか?

 

そう思ったあなたにはビックリかもしれませんが

  • ランチはコンビニで済ませてしまう
  • コンビニスイーツが好き
  • お惣菜屋さんで揚げ物を買う

ニキビを繰り返している方の中には、こんな方がものすごく多いんです!

 

最近発表された研究結果について、あなたもぜひ知っておいて下さい。

“オメガ3脂肪酸”のニキビへの有用性について

スロベニアで行われた欧州皮膚科学・性病学アカデミー(EADV)春季シンポジウムで、ニキビ患者さんへの有用性についての研究結果が発表されたそうです。

簡単に説明すると

ドイツのある大学で、ニキビ患者さん100名の血液を調べたところ

  • 患者さんの約94%は、オメガ3脂肪酸のレベルが低かった
  • インスリン様成長因子(IGF-1)のレベルが高かった
    (インスリン様成長因子 IGF-1→ニキビの生成を刺激することが知られている成長因子)

この様な結果が出たそうです。

 

この結果から

ニキビ患者さんは、オメガ3の摂取量が少ないということがわかったわけです。

 

では、オメガ3がどんなふうにニキビに効くのか?というと

オメガ3の血中濃度が上がる→抗炎症成分が分泌される→インスリン様成長因子-1(IGF-1)のレベルが下がる

それによって炎症を軽減するというメカニズムだそうです。

 

こちらを読んで、「それならオメガ3サプリメントを飲もう!」とお考えになった方もいるかも知れません。

ですが、サプリメントの有用性はまだ確認がされていないそうで、取り入れようと思われた方は、食品での摂取をおすすめします。

肌にいい”油”の選び方

油についてまとめると

オメガ3脂肪酸

アマニ油、エゴマ油、グレープシードオイル、ナッツ類、豆類、サバやイワシなどの青魚

前述の研究でも示されているとおり、ニキビ改善効果のほかアレルギー症状やうつ病(不安な気持ち)の改善効果、血流改善、生活習慣病予防など、さまざまな体に嬉しい効果が確認されています。

積極的に摂取して欲しい油です。

1日あたりの摂取量の目安は、ティースプーン1杯程度です。

・女性(18歳以上)が1.62~1.99g/日(妊婦1.48g/日、授乳婦1.81g/日)
・男性(18歳以上)が1.92~2.23g/日

引用:厚生労働省「日本人の食事摂取基準」策定検討会「日本人の食事摂取基準(2020年版)」

アロンジェのお客様には、抗酸化力の高い野菜にかけて召し上がって、とお願いしています。

空気に触れると酸化が始まってしまうため、開封後はなるべく早く使い切りましょう。

熱すると成分が壊れてしまうので、熱さずに摂って下さいね。

オメガ6脂肪酸

豚バラ、卵、マヨネーズ、スナック菓子など

こちらもオメガ3と同様に身体の中で作ることができない必須脂肪酸ですが、意識的に摂取しなくても、通常の食生活をしていると自然と摂れてしまう油です。

皆さんにお話を伺っていると過剰気味の方が多数。

オメガ6の過剰摂取は、過去の研究においてもニキビを悪化させることが示されているので、控えめにするくらいがちょうど良いです。

トランス脂肪酸

マーガリン、ファーストフードで使われる油、お菓子やコンビニのパンに使われるショートニングなど

肥満、心筋梗塞、アレルギー性疾患との関連が認められている油です。

コンビニでお食事やお菓子を買う頻度の高い方、ニキビを繰り返す方が本当に多いんです。

どうしてコンビニで買ってしまうのか?を伺うと、「なんとなく・・」「習慣で・・」ニキビを増やす習慣はやめましょう。

WHOでも、『心血管疾患(CVD)、特に冠動脈性心疾患(CHD)のリスクを高める確実な証拠がある』と発信しています。

血管を詰まらせるリスクがある油を摂っていたら、どんなに素晴らしい施術を受けても、スキンケアに気をつけても、肌がキレイになるわけはないんです。

 

コンビニレジ横の揚げ物コーナーは要注意ですよ。

肌をキレイにしたいなら、コンビニで買う食べ物には注意して下さいね。

トランス脂肪酸、絶対に避けて欲しい油です。美容と健康の敵です。

最後に

当たり前のことですが

アドバイスした事を少しづつ、長期間続けていく方は、やっぱり別人級のキレイな肌を手に入れていきます。

食生活に限らず、施術、スキンケアについても同じことが言えますが

 

何かやってすぐに効果が出ないとすぐやめて、別の方法をやって

また情報を見つけて試して、また効果が出ないから・・・。

と、こんな方はなかなか肌改善の結果が出ません。

 

「何か、方法が見つかれば、あっという間に悩みが改善されるのではないか」

と、いろいろ探し求める方がいらっしゃいますが、まずは基本を大事にしましょう。

 

“食事” “生活習慣” “スキンケア” 基本は絶対にあなたを裏切りません。

 

 

“基本”て、習慣化していないと面倒に感じますよね。

でも、こういう習慣て面倒だからこそ、”キレイな肌”って価値があります。

なぜ男の人はキレイな肌の女性に惹かれてしまうのかも、こういったところに理由があります。

 

こちらを読んで下さった方が、今日より明日、キレイになって素敵な日を過ごせるように・・何か参考になれば嬉しいです。

 

 

↓こちらのメール講座↓では、ニキビ・ニキビ跡の改善に関する情報を配信しています。

どんな情報が送られてくるの?と気になった方、詳しくはこちらをクリックして詳細をご覧ください。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

本気でニキビ・ニキビ跡を治すための無料メール講座

施術例

おすすめ記事

最近の記事

  1. クレーターも肌の赤みもハーブピーリングで?

  2. 不規則女子の肌荒れもハーブピーリングにお任せあれ

  3. 30代40代の大人ニキビ・吹き出物の治し方

  4. 繰り返すニキビとクレーターをハーブピーリングで改善されたお客様

  5. ニキビやニキビ跡を治したいなら入浴が必須な理由

  6. なぜ便秘だとニキビが治らないの?

  7. 【ぶり返すニキビを治したい】なら油に注意しよう

  8. リアボーテ製品のご使用方法

  9. なぜハーブピーリングでクレーターが良くなるの?

  10. ダーマペンでダメだったクレーターでも、ハーブとの合わせ技なら!