マスクが手放せない日々のニキビ対策

こんにちは。

『ニキビ・ニキビ跡専門 きもちいいハーブピーリング』

エステティシャンの小林です。

 

新型コロナウイルスの対策で、欠かせなくなったマスク。

『ニキビが一気に広がってしまった・・』
『口周りが真っ赤になってヒリヒリ・・』
『蒸れ蒸れで気持ち悪いのに、仕事上1日中外すことができない・・』

こんな方多いですよね。

そこでこの記事では、マスクの負担を軽減する方法について書いています。

なぜマスクで肌荒れやニキビが悪化するの?

マスク荒れの原因その1【摩擦】

表情を変えたり、お話をして口が動くと、当然マスクが擦れますよね。

すると、お肌は自らを守るため、角質を硬く厚くして、摩擦の刺激に対抗しようと頑張ります。

角質が硬く厚くなると、毛穴の入り口が詰まって皮脂が溜まり、白ニキビがポツポツ出現。

ここで正しくケアをしないと、炎症が進み、赤ニキビや黄ニキビに。炎症が肌の深部に及ぶと、ニキビ跡になってしまいます。

マスク荒れの原因その2【蒸れ】

マスクの”摩擦”で角層がダメージを受けると、角層のバリア機能が低下します。

すると、通常は刺激にならない物質が、簡単に表皮に入り込んで炎症が生じます。

さらに、マスクによる蒸れで炎症は悪化。赤みを伴うヒリヒリ感、モゾモゾとした痒み、小さなブツブツが発生するなど、困った症状に。

こちらも正しいケアをしないと、敏感肌が慢性化してしまう恐れがあります。

マスク荒れの改善方法は?

マスクの ” 摩擦 ” ” 蒸れ ” が炎症の引き金となっていることは前述の通りですが

それでは『マスクをつけている限り、肌状態はよくならないの?・・・』

いいえ、大丈夫です。対処法がありますよ!

マスク荒れ改善のポイントは【バリア機能】を守るケア

肌のバリア機能を守ってあげることで、ニキビやニキビ跡、肌荒れが起こりにくい肌状態に導くことができますよ。

スキンケアは基本中の基本を大切に!

” 肌荒れ コスメ ” と検索する前に、まずして欲しいこと。

それは、基本中の基本を大切にすること。

洗顔料は、しっかり泡だてて優しく洗えていますか?ゴシゴシ擦っていませんか?泡を転がして洗う感覚を大切にして下さいね。

お化粧水はコットンで優しくパッティングできていますか?コットンで擦る、手でバチバチ叩き込む、なんていうのは御法度です!

乳液やクリームもしっかり使えていますか?『暑くなってきたからつけない』なんてことになると、バリア機能は改善できません。

敏感になっている時こそ”洗顔料にはこだわり”を

洗顔料、「落ちればなんでもいい」と思っていませんか?

ニキビを繰り返しがち、敏感肌、肌が荒れている・・・そんな方は特に、お肌に合った洗顔料を選ぶことが第一です。

マスクによる “蒸れ擦れ” を極力少なく

不織布マスクを使うなら、ガーゼやコットンを挟んで摩擦刺激を減らしてあげるというのも一つの手。

蒸れてきたら、簡単に取り換えることができます。

すでに赤みや湿疹、ヒリヒリ感が酷く、ガーゼやコットンでも痛い・痒い、という方もいらっしゃいますよね。

そんな方は、シルクを試してみて下さい。

シルクは18種類のアミノ酸からなるタンパク質でできており、人間の肌に一番近い繊維と言われています。

肌触りも滑らかで、摩擦刺激が起こりにくく、敏感になっているお肌にも安心。

保湿性と放湿性を持っているため、適当な湿度を保ち、” 蒸れ ” による肌トラブルも防いでくれますよ。

『マスクが手放せ無い日々のニキビ対策』まとめ

肌荒れが気になるからといって、あれこれ試すのは残念ながら逆効果です。

基本のスキンケアを丁寧に行い、肌をいたわってあげて下さいね。

マスクが手放せない時期はまだまだ続きます。

だからこそ、一度自分のケアを見直して美肌を目指しましょう!

 

当サロンでは、あなたがご体験での効果にご満足頂けなかったら、料金は頂いておりません。

失敗してお金を払う必要はありませんよ。

▼当サロンで改善されたお客様の事例や、喜びの声をご覧頂けます▼

▼コース詳細はこちらから▼

▼お問い合わせはこちらから▼

 

関連記事

  1. 無料の情報でニキビが治らない理由

  2. なぜニキビ肌には乳液が必要なの?

  3. 冬にニキビが悪化する人は○○が足りていない?

  4. 大人のニキビケアは、洗顔から見直そう

  5. 大人ニキビのファンデーション選び、お化粧・メイクで気を付ける…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。