「私のニキビは何回ハーブピーリングをしたら治りますか?」

こんにちは。

『ニキビ・ニキビ跡専門 きもちいいハーブピーリング』

エステティシャンの小林です。

こんなご質問を良くいただきます。

/

私の肌だったら、何回で治りますか?

何ヶ月で治りますか?

\

当然気になりますよね。

この記事では、そんな疑問について書きたいと思います。

ハーブピーリング何回やったらニキビやニキビ跡は治りますか?

何回やったら治るのか?

当然気になりますよね。

結論からいうと、

  • ご提案のホームケアを丁寧に行う
  • 定期的にトリートメントに通う

この2つを守ってくださる方は、3~4ヶ月(7~12回)あれば、かなりの高確率で改善します。

 

全体的な確率は

  • 1~3回でガラッと改善される方・・2~3割
  • 5回目を過ぎてから改善される方・・5~6割
  • 10回目を過ぎてから改善される方・・・2~3割
  • 途中でやめてしまう方・・・1割程度

 

▼例えば、こちらのお客様たちは2回目の来店でここまで改善されていらっしゃいます。

 

▼こちらのお客様は、7回目までは好転反応によりニキビが吹き出し続け、サロンに通われる前より悪化したようになりましたが、その後一気に改善されました。

22回目の施術を終えた今では、もっとも改善が難しいと言われているアイスピック状のクレーター(ニキビ跡)がキレイになっています。

▼こちらのお客様は10回を過ぎても、良くなったり悪くなったり。ですが、淡々とホームケアをお続け下さり、サロンへも週2回のペースを崩さずに通い、現在では月1回の施術で美肌をキープしていらっしゃいます。
こんな風に、効果が出るまでには個人差があります。
どんな治療・施術でも同じことが言えますが、必ず誰もが3〜4ヶ月で良くなる・・・そんな魔法のような改善方法は世の中に存在しません。
皮膚科のお薬も、美容皮膚科のレーザーやフラッシュ、どんな治療・施術でも、必ず個人差があります

 

ニキビが治らない方の共通点

とっても残念なことですが、せっかく大切な大切なお金と時間をかけて、私のサロンへお通いくださったのに、ご満足な効果を得られずリタイヤされてしまう方もいらっしゃるのが事実です。

どんな方だと思いますか?

重症ニキビの方? 深いクレーターのある方?

いいえ。違います。

それは、” 結果を急ぎすぎる方”

とにかく早く肌をキレイにしたくて、毎週毎週通ってみたけれどなかなか効果がみられない。

早くどうにかしたいのに、好転反応が3ヶ月にも及ぶと、通う前に比べて悪化しているように感じて焦ってしまう。

そして・・・途中でやめて、また新たな施術を始めてみる。

また好転反応の期間が長く、途中で辞めてしまう。

こんな風に、結果を急ぎ過ぎてあっちこっちとつまみ食いしているうちは、ニキビもニキビ跡も治らないんです。

好転反応の期間が長いタイプの方は、やはりどんな施術・治療を試しても好転反応が長いもの。肌を活性化させると、ターンオーバーが正常化するまではニキビが出てしまうタイプの方だから。

 

1つ、2つ何かを変えたくらいで、肌はすぐには変わりません。

長い長い期間の生活習慣、健康状態の積み重ねで、現在のお肌はできていますからね。

ですから、「治したい」といろいろなサロンを比較して、実際行ってみて「ここで改善しよう」と決意したのなら、最低でも4ヶ月~6ヶ月はあなたの信じたエステティシャンやお医者様の元で、じっくり腰を落ち着けてやってみることをおすすめします。

 

「昨日パックしたら、新しいニキビが3つ出てきたんですが、このパック大丈夫ですか?」

「今朝新しいニキビができたんですが、コレってハーブピーリングの好転反応ですか?この施術は本当に大丈夫なんでしょうか?」

早く治したいと、結果を焦る方ほどやっぱり不安になってご連絡を下さいますが、大丈夫ですから。

こういう反応が出ている時こそ、基本のホームケアを淡々と行い、定期的にトリートメントに通うことが大切です。

一喜一憂せず、じっくり腰を落ち着けて、根本から改善したいとお考えの方は、ぜひ試してみて下さいね。

超短期間での効果を期待している方、好転反応が嫌な方は当サロンには向かないかな、と思います。

 

当サロンでは、あなたがご体験での効果にご満足頂けなかったら、料金は頂いておりません。

失敗してお金を払う必要はありませんよ。

▼当サロンで改善されたお客様の事例や、喜びの声をご覧頂けます▼

▼コース詳細はこちらから▼

▼お問い合わせはこちらから▼

 

関連記事

  1. ニキビ悩む女性

    ニキビ・ニキビ跡専門のハーブピーリングサロンを始めた理由

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。